KOYOMI(スケジュール管理プラグイン)設定ガイド

アプリの作成篇

1アプリテンプレートの読み込み

以下の操作は、kintoneシステム管理の権限が必要です。



1

kintoneシステム管理をクリックします。

2

アプリテンプレートをクリックします。

3

画面左上の読み込むをクリックします。

4

参照ボタンをクリックし、『AppTemplate_KOYOMI.zip』を選択します。


5

読み込むをクリックします。

6

KOYOMIのアプリテンプレートが作成されました。

2プラグインの読み込み

以下の操作は、kintoneシステム管理の権限が必要です。



1

kintoneシステム管理を開きます。

2

プラグインをクリックします。

3

画面左上の読み込むをクリックします。

4

参照ボタンをクリックし、『KOYOMI.beta.xxxxx.plugin.zip』を選択します。

xxxxx」にはバージョン名が入ります。


5

読み込むをクリックします。

6

KOYOMIが読み込まれた事を確認し、ポータルに戻ります。

3アプリの作成

1

アプリの(追加ボタン)をクリックします。

2

kintoneアプリストアに移動したらテンプレートから作成をクリックします。

3

KOYOMIのアプリを作成ボタンをクリックします。

4

ポータルに戻りKOYOMIアプリが追加された事を確認します。

プラグインの設定篇

1プラグインの設定画面を開く

1

KOYOMIをクリックします。

2

画面上部に表示される赤帯の『KOYOMI(スケジュール管理)の設定が必要です』をクリックします。

3

設定欄にある(歯車マーク)をクリックします。

2フィールドの設定

【フィールド】タブを開きます。

アプリテンプレートをご利用の場合は、ここでの設定を行う必要はありません。





アプリテンプレートをご利用でない場合、以下の設定項目に対するフィールドは必須となります。


設定項目
  • 設定項目
  • フィールドの種別
  • 開始日時を記録するフィールド
  • 日時
  • 終了日時を記録するフィールド
  • 日時
  • 予定のタイトルを記録するフィールド
  • 文字列(1行)
  • 参加メンバーを記録するフィールド
  • 文字列(1行)
  • 予定の種類を記録するフィールド
  • ドロップダウン/ラジオボタン

    この設定項目に対応するフィールドは「ドロップダウン」または「ラジオボタン」としてください。
    フィールドの選択肢は、順番に以下の意味内容で解釈されます。
    (選択肢文字列は以下の通りそのまま設定いただくことを強く推奨いたします)


    1通常予定
    2期間予定
    3繰り返し予定

    kintone の仕様上該当フィールドに4つ目以降の選択肢を作成することも可能ですが、 本プラグインの機能上、4つ目以降の選択肢は無視されます。


    データに不整合が生じる可能性がありますので、アプリの運用開始後、このフィールドの選択肢は変更なさらないでください。

  • 繰り返し予定のキーを記録するフィールド
  • 文字列(1行)

    繰り返し予定を利用する場合は、この設定をしてください。
    この設定を行わない場合は、予定の追加の際に繰り返し予定のタブが表示されません。

  • 終日予定であることを記録するフィールド
  • チェックボックス

    この設定項目に対応するフィールドは選択肢が一つの「チェックボックス」としてください。
    なお選択肢が複数設定されている場合、どれか一つにでもチェックが入っていれば、そのレコードは終日予定として扱われます。
    この設定を行うことで、終日に渡る予定が、カレンダーの終日エリアに表示されるようになります。

  • 予定の区分を記録するフィールド
  • ドロップダウン/ラジオボタン
  • 参加メンバーを記録するフィールド
  • 文字列(1行)
  • 施設を記録するフィールド
  • 文字列(1行)
  • メモを記録するフィールド
  • 文字列複数行
  • 添付ファイルを記録するフィールド
  • 添付ファイル

3カラーの設定

【カラー】タブを開きます。

ここではヘッダ、予定の区分の色の設定を行います。



1

各項目のカラーボタンをクリックし、表示されたパレットからお好きな色を選択します。

色を選択したら、パレットの右下にあるOKをクリックします。


A

パレット以外の色に設定する場合は、パレットの下にある「#******」に任意でカラーコードをご入力ください。

4表示オプションの設定

【表示オプション】タブを開きます。

初期表示するビュー、週の始まりの曜日、予定の登録単位をそれぞれ選択肢から選択してください。

5ユーザー・組織・施設の設定

【ユーザー・組織・施設】タブを開きます。


このプラグインでは、cybozu.com 上に設定されていないユーザー、組織、施設を登録することができます。レコード上、ユーザーや組織の情報はここで設定した「コード」のみが記録されます。


ユーザー、組織情報を利用する場合は、フィールドの設定で「参加メンバーを記録するフィールド」が正しく設定されている必要があります。


施設情報を利用する場合は、フィールドの設定で「施設を記録するフィールド」が正しく設定されている必要があります。


このプラグイン上で追加、編集、削除したユーザーおよび組織情報は、cybozu.com 上の設定には反映されません。

複数アプリで「KOYOMI プラグイン」をご利用いただく場合、複数アプリにまたがってユーザー、組織、施設情報を共有いただくことはできません。



cybozu.comのユーザー、組織情報を取り込む方法

1

cybozu.com 上のユーザー、組織情報を取り込む場合、「cybozu.com 情報を取得」ボタンをクリックしてください。

ゲストスペースにアプリを作成した場合は、このボタンは表示されませんので、ユーザーを追加する方法にて追加してください。


「ユーザーのリスト」「組織(グループ)のリスト」それぞれに、現在の cybozu.com のユーザー情報、組織情報が反映されます。

すでにプラグインの設定上読み込んであるが、cybozu.com から削除済みのユーザー(組織)がある場合、「cybozu.com 情報を取得」ボタンを押してもそのユーザー(組織)はリストから削除されません。

2

取得するをクリックしてください。

ユーザーのリストを編集する方法
ユーザーを追加する

1

ユーザーを追加したい行の(追加ボタン)をクリックしてください。

2

ダイアログで追加するユーザー情報を入力します。


A「有効」にチェックが入っていない場合、そのユーザーはプラグイン利用時のユーザー選択肢に反映されません。

B「ID」は指定できません(自動で割り振られます)

C「姓」と「名」にはユーザーの姓名を入力してください。

Dチェックボックスでユーザーが所属する組織を選択してください。(複数選択可能)
ここに表示される組織は「組織(グループ)のリスト」に存在する項目です。必要に応じて、先に「組織(グループ)のリスト」を編集してください。


3

ユーザー情報を入力したら、OKをクリックします。


追加したユーザーが「ユーザーのリスト」に反映された事を確認してください。

ユーザーを編集する

1

ユーザーを編集したい行の(編集ボタン)をクリックしてください。

2

ダイアログでユーザー情報を編集します。


A「有効」にチェックが入っていない場合、そのユーザーはプラグイン利用時のユーザー選択肢に反映されません。

B「ID」は指定できません(自動で割り振られます)

C「姓」と「名」にはユーザーの姓名を入力してください。

Dチェックボックスでユーザーが所属する組織を選択してください。(複数選択可能)
ここに表示される組織は「組織(グループ)のリスト」に存在する項目です。必要に応じて、先に「組織(グループ)のリスト」を編集してください。


3

ユーザー情報を編集したら、OKをクリックします。

ユーザーを削除する

1

ユーザーを削除したい行の(削除ボタン)をクリックしてください。

2

削除確認ダイアログで削除するをクリックしてください。

組織(グループ)のリストを編集する方法
組織(グループ)を追加する

1

組織(グループ)を追加したい行の(追加ボタン)をクリックしてください。

2

ダイアログで組織(グループ)情報を入力します。


A「ID」は指定できません。(自動で割り振られます)

B「組織名」には組織(グループ)の名称を入力してください。

C既存の組織にぶら下げる場合、「親組織」を選択してください。


3

組織(グループ)情報を入力したら、OKをクリックします。

組織(グループ)を編集する

1

組織(グループ)を編集したい行の(編集ボタン)をクリックしてください。

2

ダイアログで組織(グループ)情報を編集します。


A「ID」は指定できません。(自動で割り振られます)

B「組織名」には組織(グループ)の名称を入力してください。

C既存の組織にぶら下げる場合、「親組織」を選択してください。


3

組織(グループ)情報を編集したら、OKをクリックします。

組織(グループ)を削除する

1

組織(グループ)を削除したい行の(削除ボタン)をクリックしてください。

2

削除確認ダイアログで削除するをクリックしてください。

施設のリストを編集する方法
施設を追加する

1

施設を追加したい行の(追加ボタン)をクリックしてください。

2

ダイアログで施設情報を入力します。


A「ID」は指定できません。(自動で割り振られます)


3

施設情報を入力したら、OKをクリックします。

施設を編集する

1

施設を編集したい行の(編集ボタン)をクリックしてください。

2

ダイアログで施設情報を編集します。


A「ID」は指定できません。(自動で割り振られます)


3

施設情報を編集したら、OKをクリックします。

施設を削除する

1

施設を削除したい行の(削除ボタン)をクリックしてください。

2

削除確認ダイアログで削除するをクリックしてください。

ユーザー・組織・施設情報のエクスポート・インポートの方法

KOYOMIの設定をエクスポート、インポートすることが可能です。

CSVファイルはShift_JISとなります。編集時は文字コードが変わらないようにご注意ください。



ユーザー・組織・施設情報をエクスポートする

1

エクスポートをクリックしてください。

2

表示されたダイアログ上のエクスポートするをクリックしてください。


エクスポートしたCSVファイルは、必要に応じてExcel等で編集する事ができます。

CSVファイルはShift_JISとなります。編集時は文字コードが変わらないようにご注意ください。

ユーザー・組織・施設情報をインポートする

1

インポートをクリックしてください。

2

表示されたダイアログ上の参照をクリックして、インポートするCSVファイルを選択してください。



3

ファイルを参照したら、インポートするをクリックしてください。

6祝日カレンダーの設定

【祝日カレンダー】タブを開きます。


ここでは、「会社のカレンダー」で独自のルールにて休日などの特定日を定義することができます。

例)「会社の創立記念日」など


編集不可の「国民の祝日」については、法令の改正に合わせ順次プラグインをアップデートしていく予定です。




独自の休日・特定日を設定する方法
独自の休日・特定日を追加する

1

独自の休日・特定日を追加したい行の(追加ボタン)をクリックしてください。

2

ダイアログで独自の休日・特定日の情報を入力します。


A「有効」にチェックが入っていない場合、カレンダーに反映されません。

B「休日」にチェックが入っている場合、カレンダー上休日として扱われます。

C「月・日で選択」の場合、特定の日付を選択できます。

D「月・週で選択」の場合、例えば「5月の第2日曜日」などの設定ができます。

E「いつから有効か」「いつまで有効か」をドロップダウンで選択できます。



3

独自の休日・特定日の情報を入力したら、OKをクリックします。

独自の休日・特定日を編集する

1

独自の休日・特定日を編集したい行の(編集ボタン)をクリックしてください。

2

ダイアログで独自の休日・特定日の情報を編集します。


A「有効」にチェックが入っていない場合、カレンダーに反映されません。

B「休日」にチェックが入っている場合、カレンダー上休日として扱われます。

C「月・日で選択」の場合、特定の日付を選択できます。

D「月・週で選択」の場合、例えば「5月の第2日曜日」などの設定ができます。

E「いつから有効か」「いつまで有効か」をドロップダウンで選択できます。



3

独自の休日・特定日の情報を編集したら、OKをクリックします。

独自の休日・特定日を削除する

1

独自の休日・特定日を削除したい行の(削除ボタン)をクリックしてください。

2

削除確認ダイアログで削除するをクリックしてください。

独自の休日・特定日の情報のエクスポート・インポートの方法

KOYOMIの設定をエクスポート、インポートすることが可能です。

CSVファイルはShift_JISとなります。編集時は文字コードが変わらないようにご注意ください。



独自の休日・特定日の情報をエクスポートする

1

エクスポートをクリックしてください。

2

表示されたダイアログ上のエクスポートするをクリックしてください。


エクスポートしたCSVファイルは、必要に応じてExcel等で編集する事ができます。

CSVファイルはShift_JISとなります。編集時は文字コードが変わらないようにご注意ください。

独自の休日・特定日の情報をインポートする

1

インポートをクリックしてください。

2

表示されたダイアログ上の参照をクリックして、インポートするCSVファイルを選択してください。



3

ファイルを参照したら、インポートするをクリックしてください。

独自の休日・特定日の情報の並び順を整理する

各行の左端にある矢印アイコン部分をドラッグすることで並び順を入れ替える事ができます。

7カスタマイズビューの設定

【カスタマイズビュー】タブを開きます。

弊社が配布するアプリテンプレートをご利用の場合、設定は不要です。



カスタマイズビューが未設定の場合、プラグインの設定を保存後、「その他の設定の確認篇 > カスタマイズビューの設定」を行ってください。

8ライセンスの設定とサポート情報

【ライセンスの設定とサポート情報】タブを開きます。


ライセンスキーが表示されていることを確認してください。

(ライセンスキーが発行済みで有効期限内の場合は、自動的に表示されます)



ライセンスキー未発行の場合は、ライセンスキーの枠の下に「ライセンスキーはこちら」が表示されますので、そちらから申込みを行ってください。

9設定の保存

1

保存をクリックします。

2

アプリの設定に戻るをクリックします。


(2)のポップアップが消えてしまったり、出てこない場合は、(A)のアプリ設定をクリックします。

3

アプリを更新をクリックします。

4

OKをクリックします。

画面が自動的に、プラグインを設定したアプリの画面に切り替わります。


以上で「KOYOMI」の設定は完了となります。

その他の設定の確認篇

カスタマイズビューの設定について

このプラグインを使用するには、「カスタマイズビュー」の設定が必要です。



「カスタマイズビュー」の設定方法について

kintone ヘルプページ【一覧を設定する】内の「カスタマイズする場合」をご覧ください。

https://jp.cybozu.help/ja/k/user/set_view


「カスタマイズビュー」に設定する内容について

以下の内容をそのままコピー&ペーストしてお使いください。

<div id="koyomi-container"></div>


「カスタマイズビュー」の設定に関する補足

一覧名は自由にご設定頂けます。
カスタマイズビューの設定には kintone システム管理権限が必要です。
kintone システム管理権限をお持ちでない場合、kintone システム管理者に「アプリテンプレート」の配置を依頼してください。
「ページネーションを表示する」にはチェックを入れないでください。

こちらで見つからない情報は、お手数ですがお問い合わせください。
ご相談・お問い合わせ